Blog&column
ブログ・コラム

軽貨物ドライバーの走行距離について

query_builder 2021/05/01
コラム
road-distance-landscape-horizon
軽貨物ドライバーをするにあたって、所領の走行距離が気になる方もいると思います。
走行距離は車両を買い替えるタイミングを左右する要素となるので、軽貨物ドライバーとして知っておきたいですよね。
そこで今回は、軽貨物ドライバーの走行距離について解説していきます。

▼軽貨物ドライバーの走行距離の平均
軽貨物ドライバーは働き方が様々なので、走行距離の平均値を出すのはなかなか難しいでしょう。
たとえばフルタイムで働く場合だと、走行距離は年間30,000~50,000㎞が目安です。通勤などで車を使う場合の走行距離は年間10,000㎞ほどだと言われているので、軽貨物ドライバーはかなり長距離を運転することになります。
さらに、たくさんの荷物を運ぶのでその分車両への負担が大きく、思っていたよりも早く買い替えが必要になることもあります。

▼車両の買い替えが必要になるタイミング
軽貨物運送に用いる車両とマイカーでは走行距離や車両への負担が違うので、同じ感覚で乗っていてはいけません。もし会社と業務委託契約をしている場合は車両の買い替え費用が自己負担であることが多いので、できるだけ長持ちさせたいですよね。
一般的に軽自動車は100,000㎞が買い替えの目安と言われますが、定期的にメンテナンスすることで150,000kmほど走れるようになります。走行距離をできるだけ伸ばしたい場合は、4,000~5,000㎞毎にエンジンオイルを交換するのがおすすめです。

▼まとめ
軽貨物ドライバーは意外と長い距離を走っていることがわかったかと思います。
安全に運送業を行うためにも、定期的に車両のメンテナンスをしましょう。
弊社では普通免許をお持ちの軽貨物ドライバーを募集しています。やる気のある方はぜひご連絡ください。

NEW

  • 雇用形態の種類について

    query_builder 2022/01/15
  • 雇用形態による保険の違いについて

    query_builder 2022/01/01
  • 小回りの配送サービスのメリットとは

    query_builder 2021/12/15
  • ライフスタイルに合わせて仕事をするためには

    query_builder 2021/12/01
  • 女性が抱える仕事の悩みとは?

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE